ニキビ肌にピーリングって大丈夫?

ニキビ跡のピーリングに関係なく年齢が進めば誰でも老肌が出てきます。メガネを使っている方で肌の炎症があれば、近くを見るときはメガネをはずして見ることができますが、手術で遠くが見えるようになると近くを見るのは困難になります。近くを見るときは老肌鏡を用いなければなりません。オイリー肌や体のニキビ、体のニキビなど手術を必要とする肌科疾患が出たときは、ケミカルピーリングを受けていない方と同じように治療を受けることが出来ます。美容外科では保険診療を行っていませんので、治療を行う医療機関で診療情報を必要とする場合は御連絡ください。

 

紫外線の強い場所にいる方はオイリー肌になりやすく、水晶体の調節力も少なくなるため老肌も早く起こります。太陽光の強い場所ではサングラスを用いたほうがよいでしょう。なお、サングラスは色が付いていなくても九〇%以上の紫外線をカットします。ニキビを軽くぶっけた程度ではニキビ跡に異常は出ませんが、過去に美白ケアで三例だけ、術後にニキビ跡が大きくずれたことがあります。一例目は術後一〇日目で急に見えなくなったと言って来院された方です。肌の周囲が腫れて結膜は赤く内出血していました。聞くと喧嘩で肌を殴られたそうです。視力は一週間検診で一二一見えていたのが、〇・五程度しか見えなくなっていました。かなリニキビ跡がずれてシワが寄っていたため洗浄して元に戻しました。その結果、すぐに見えるようになりました。一一例目はプロの格闘家の方で翌日から練習を行っており、指が目に入ってニキビ跡がずれていました。術後一週間目のことです。三例日は女性の患者さんで、硬いハンドバッグの角を運悪く肌にぶつけたそうです。これらの例も洗浄してニキビ跡を元に戻してすぐに見えるようになりました。


このページの先頭へ戻る